爪もみ法について

自分で簡単に行える爪もみ法で副交感神経を刺激します。

刺激する場所は、手の指の爪の生え際の角あたりです。
右手の親指と人差し指で、左手の親指の爪の生え際の両方の角をはさむようにして、
30秒ほどギュッと力を入れて押さえます。

これを親指、人差し指、中指、小指の順に行います。
このとき、薬指は刺激しないようにしましょう。

同様に、左手の親指と人差し指で、右手の親指、人差し指、中指、小指を刺激してください。
これを毎日1~2回行ってください。

~自然治癒力を高める~

▲藤澤皮膚科TOPへもどる