ビタミンCローション、ハイドロキノン、レチノイン酸クリーム
のコラボレーションが美白への道


ビタミンCローションハイドロキノンレチノイン酸クリーム
シミ治療に用いる際の基本的治療プロトコールを図に示します。
      

 三剤併用図

ふだんから、洗顔後には、ビタミンCローションを化粧水に使います。
少量のレチノイン酸クリームを、しみの部分からはみ出さないように綿棒で薄く丁寧に塗ります。
レチノイン酸クリームを塗布して充分に乾いてからハイドロキノンを指で、広めに塗ります。

治療開始後、2~6週間は
レチノイン酸クリームハイドロキノンを併用します。

茶色い色素沈着が消失したら、
その後はレチノイン酸クリーム中止し、
後半はハイドロキノン単独で炎症をゆっくりさましていきます。

お肌の手入れのために、1ヶ月間以上の期間をおいて同様に繰り返します。

レチノイン酸クリームを塗布すると、その独特の反応のため、最初は肌に赤みが出たり、
お化粧のりが悪くなりますが、続けることでこれらの反応はおさまります

イメージ図


診療について

▲藤澤皮膚科TOPへもどる