ハイドロキノンクリーム

ハイドロキノンは、イチゴ類、麦芽、コーヒー、紅茶など天然にも存在する成分ですが、
還元作用があり、かつて写真の現像に使われていました。

当時、現像していた人の肌が白くなったことから美白効果が発見されました。

当院のしみ抜きクリームのハイドロキノンクリーム(4%)は、
メラニン合成酵素であるチロジナーゼの阻害剤であり、
しみの原因であるメラニン色素を作らせなくする強力な漂白剤です。

コウジ酸、プラセンタエキスなどを配合した市販の美白化粧品の100倍の漂白作用を有しています。
欧米で、美白と言えばハイドロキノンのことをさします。
現在あるシミを薄くし、更に、しみを予防する働きがあります。

ハイドロキノンは単独ではなかなか皮膚に浸透しにくいため、
ピーリング作用も期待できるビタミンAの一種であるレチノイン酸クリームと併用すると
さらに効果が上がります。


診療について

▲藤澤皮膚科TOPへもどる